骨粗しょう症・原因と対策 TOP > 骨粗しょう症の対策 >  骨粗しょう症にフルーツの効果

骨粗しょう症にフルーツの効果

骨密度、この骨密度とは骨の硬さを表すものですが特に女性では閉経期頃から低下していきます。
この低下により骨粗しょう症になりやすくなるのです。
これまで骨密度アップに効果があるものはチーズ、牛乳などの乳製品とされていました。
しかし、最近では乳製品だけでなく果物摂取の効果もわかりました。
果物のクエン酸がカルシウム吸収の助けをするのです。
骨粗しょう症に最も必要であるカルシウムを吸収しやすくしてくれるのです。
又、カリウム、マグネシウムなどのミネラルやビタミン、食物繊維も多く含まれている為、これらの摂取が多い人は統計的に骨密度が高いことがわかりました。
このようにカルシウムをサプリメントで補給するだけでなく、フルーツを摂取していろいろなビタミン、ミネラルを取り入れることが相乗効果となり骨粗しょう症に良い結果となるようです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.