骨粗しょう症の予防

骨粗しょう症に最も大切なカルシウムを摂取するよう、日頃から意識した食生活を心がけ、骨量を増やすようにしましょう。又減少させない為の心がけも大切です。
カルシウムの一日の所要量は成人で600mgとされています。しかし、骨粗しょう症の危険度が高い人や閉経期を迎えた人、成長期の人などは1.000?1.500mgが必要とされています。牛乳、大豆製品、海藻類、骨ごと食べられる小魚などが特にお勧めです。野菜では小松菜がとてもカルシウムの含有量が多く、又市販されているカルシウム強化補助食品の上手な利用(あくまで補助として)もいいのではないでしょうか。
骨粗しょう症を早期発見する為には、自分の骨量を知っておきましょう。
骨量が最大となる若年期に骨量を少しでも多くしておくことが、骨粗しょう症にならない為に最も大切なことです。
この時期に骨量を増やしておけば、高齢になった時骨量が減少しても骨粗しょう症になる危険値になることはありません。
小児期より骨量を意識して増やすようにし、骨粗しょう症の予防をする事が大切です。
明るい高齢期を迎える為にも長期にわたり骨粗しょう症の予防に取り組みたいものです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.