骨粗しょう症の検査

○骨量測定・・・CT(コンピューター断層撮影法)・単純X線撮影(MD法、DI法)・二重エネルギーX線骨密度測定(DXA)・超音波法などがありますが、正確な診断、治療の為には継続して診察を受けましょう。骨粗しょう症を判断する骨量の測定値は機器や測り方によって違ってくるからです。
○脊柱(せきちゅう)のレントゲン(X線)検査・・・骨粗しょう症の症状である脊椎の老化が及ぼす他の病気には、脊椎周囲靱帯骨化症、変形性脊椎症があります。X線撮影により骨粗しょう症を含めたこれらを区別するのです。
○尿検査・血液検査・・・骨粗しょう症と症状が似ていても違った原因の病気があります。前立腺ガン骨移転・悪性腫瘍骨移転・骨軟化症・原発性副甲状腺症などで、尿検査、血液検査により骨粗しょう症との区別をするのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.