骨粗しょう症・原因と対策 TOP > 骨粗しょう症の症状 >  骨折とそれに伴う痛みの症状

骨折とそれに伴う痛みの症状

骨粗しょう症は自覚症状の少ない、なかなか気づきにくい病気です。
骨粗しょう症の症状は、主に骨折とそれに伴う痛みなどです。
脊柱(せきちゅう)骨折<圧迫骨折>・・・転んだり、重いものを持ったり、普段とは少し違った力が身体に加わっただけで椎骨(脊柱を構成している一つ一つの骨)が変形してしまい、全体が押しつぶされた状態の圧迫骨折となったもの。
橈骨(とうこつ)の骨折・・・橈骨(手首)、腕の付け根の骨(上腕骨頸部)など転んで手をついた時に起こる骨折です。
大腿骨の骨折(大腿骨頸部骨折)・・・歳をとると転倒などにより大腿骨骨折を起こします。
大腿骨骨折を起こすと寝込むことが多く、運動不足となりさらに骨量が減少してしまうというような悪循環を起こしてしまいます。
これが元で高齢者では<寝たきり>となる場合も少なくありません。
骨粗しょう症を早期に自覚できれば治療、予防とできるでしょう。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.