骨粗しょう症・原因と対策 TOP > 骨粗しょう症の原因 >  カルシウム摂取を妨げる過度の摂取

カルシウム摂取を妨げる過度の摂取

カフェインは摂りすぎると尿へのカルシウム排泄量を増やします。
アルコールの摂りすぎはカルシウム吸収を減らし排泄量を増やします。
食塩、糖分の摂りすぎは尿へのカルシウム排泄量を増やします。
喫煙は胃腸の働きを悪くさせカルシウム吸収に影響を与えます。
このように過度の摂取は身体の中からカルシウムを減らし、不足させてしまうという結果となり骨粗しょう症の原因となってしまうのです。
又、ストレスも過度となれば腸内においてカルシウム吸収の妨げとなります。
骨粗しょう症とストレス、一見無関係のように思えますがストレスが身体に及ぼす影響も大きなものです。
摂りすぎない、溜めこまない、で骨粗しょう症をも遠ざけてくれるのです。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.