骨粗しょう症・原因と対策 TOP > 骨粗しょう症の原因 >  カルシウムを上手に摂取できていますか?

カルシウムを上手に摂取できていますか?

骨粗しょう症にならない為に必要なカルシウムを吸収するにはビタミンDが必要です。
腸内でビタミンDの作用が不足するとカルシウムを吸収できません。
ビタミンDは、まぐろ、たまご、椎茸、バター、レバーなどに多く含まれています。
又、役立つビタミンDになる為には皮膚の中で紫外線を浴びる必要があります。
夏は木陰で30分、冬は顔や手に日光を1時間程当てると一日に必要なビタミンDが作られるのです。
これを<活性ビタミンD>といいます。
このようにビタミンDは日光に当たらないとカルシウムをうまく吸収できないので日光浴は不可欠となるのです。
骨粗しょう症を防ぐには、カルシウムを上手に吸収することが大切なのです。
カルシウムの性質を理解する事が骨粗しょう症回避へとつながるのではないでしょうか。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.