骨粗しょう症・原因と対策 TOP > 骨粗しょう症とは >  女性に多く発症する骨粗しょう症

女性に多く発症する骨粗しょう症

年齢と共に骨に含まれるカルシウムなどの量(骨量)が減り、骨はとてももろい状態となります。
この状態を骨粗しょう症といいます。
骨粗しょう症になると、骨の中の構造が崩れるのです。
その為、非常に折れやすくなります。
又、骨粗しょう症は老化だけが原因ではなく、出産後・成長期など若い時期にも起こる場合があります。
骨粗しょう症とは女性に発症する事が多く、60歳代では2人に1人、70歳以上では10人に7人の割合で発症しています。
女性の場合閉経期の40?50歳代頃から骨量が激減する為です。
男性の骨粗しょう症患者数は、60歳代から少しずつ増え70歳以上では10人に4人足らずとなっています。

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイト内検索

お気に入りに追加

LINKS

RSS登録

goo RSSリーダー Add to Google My Yahoo!に追加 はてなRSSに追加 Subscribe with livedoor Reader

サイト情報

ATOM atom RSS2.0RSS2.0

サイトMENU

Copyright (C) 2007 骨粗しょう症・原因と対策. All Rights Reserved.